«
»

スターリンと安倍首相を同列に置く水島氏用い検察定年延長批判する毎日

◆厳粛な検察官の仕事

 「文明とは正義の普(あまね)く行われていること」。明治維新の元勲、西郷隆盛の言である。果たして戦後日本はより文明的になっただろうか。元検事の佐藤欣子さんはそう問うた。

 正義を体現する検察官のバッジ「秋霜(しゅうそう)烈日(れつじつ)」は、秋に降りる霜と夏の厳しい日差しを刑罰や志操の厳しさに例えられている。正義の実現には、まず真実を発見せねばならない。これは容易でない。さまざまな制約の中で、裁判の基礎を絶対的な客観的事実に近づけようとする。それが検察の真実主義だ。それには犯人の自白も軽視できない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。