«
»

安倍政権のコロナ対策を批判する一方で中国の動きに警戒を促す文春

◆メディアが不信助長

 コロナ対策で安倍バッシング、検察庁法改正で安倍バッシング、憲法改正で安倍バッシング、何が何でもバッシングだ。今や週刊誌でまともに安倍政権を評価しようというところはないのか。

 コロナだが、日本は世界的に見て新型コロナウイルス感染での死者数が圧倒的に少ない(17日付本欄参照)。数字を見れば防疫で成功した国として認められる資格は十分にある。「世界をリードするK防疫」と自画自賛しながら、緩めた途端クラブでクラスターが発生する国とは違う。

 だが、なぜだか国内はもとより世界でも安倍コロナ対策は不評である。数字を目の前にしてもなお、欧米メディアは「奇妙な成功」「死者数が奇跡的に少ない」などと自らの惨劇をよそに、首をひねりながら、しぶしぶ認める始末だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。