«
»

日本人の営為や習慣が感染死亡者数を抑えていると指摘する週刊現代

◆死者数ケタ違いの差

 連休期間と連休後の週刊誌は盛りだくさん、思い付くまま挙げてみたい。アエラ5月18日号「BCGとコロナ 高まる相関性」で阪大免疫学フロンティア研究センター招聘(しょうへい)教授の宮坂昌之さんが「結核の予防接種BCGが、新型コロナに対する抵抗力を高めている」と力説。

 宮坂教授の調査によると、5月7日現在、人口100万人当たりの死者数は、BCGの集団接種を行わない米国が227人、イタリアが490人。過去に接種していたフランスは396人、スペインは553人。一方、接種している中国は3・2人、韓国が5・0人、日本は4・4人、台湾は0・3人。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。