«
»

「コロナ危機対応に万全を」と追加緩和の日銀を鼓舞した日経、産経

◆本格的危機を回避へ

 日銀は27日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃に対し、2カ月連続となる異例の金融緩和策を決めた。「非常に危機的な状況でリーマン・ショックを上回るようなネガティブな影響が出る恐れがある」と、黒田東彦総裁は会見で強い懸念を表明。年間80兆円をめどとしている国債購入の上限を撤廃するなど、政府と協調して政策を総動員するという。

 翌28日付の新聞社説は、日経、産経がコロナ危機対応に万全を尽くせと日銀の対応を評価、鼓舞する論調を掲載。これに対して、毎日は国債購入の上限撤廃に「歯止めなき政策の危うさ」と正反対の論調を展開した。

 日経は今回の金融緩和の強化を「企業の資金繰りや市場の安定を促す対策で、金融政策の軸足は物価安定から危機対応に移った」と解説。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。