«
»

遺伝子操作の是非を問う執筆・報道姿勢が常に必要な科学関連記事

◆「デニソワ人」を復元

 人々の科学技術への関心が高まり、新聞に科学・科学技術の記事が欠かせなくなった。読売や日経は毎日曜日、全面を使って(下4段広告)、競うように最新の話題を載せている。読売19日付サイエンスReportには「DNA解析 絶滅人類復元」の見出しで、絶滅した人類「デニソワ人」が発見された経緯が出ている。

 2000年代初め、ロシアのシベリア地区で見つかった小さな指先の骨と数個の臼歯(きゅうし)が、地球上には存在しないデニソワ人の化石の全て。独マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ教授らは、これを手掛かりに、「デニソワ人の核DNAの塩基配列を約30回も繰り返し読んで調べた」。そして12年に公開したそのゲノム情報を分析し「現生人類の祖先とデニソワ人が分岐した年代を81・2万~79・3万年前」と特定したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。