«
»

テレビが煽る新型コロナ、冷静な情報載せ「普通」の生活呼び掛ける新潮

◆検査過多で医療崩壊

 新型コロナウイルスについて、連日の溢(あふ)れ返る報道を見ていれば、対処法も見通しも次第に明らかになっていく、はずだが、故意なのか、理解できないのか、テレビのワイドショーは相変わらず「政府の説明不足」とか「情報発信が足りない」と文句たらたら。これを見る視聴者も、実は新聞やネットで十分な情報を目にしていながら、「情報が足りていない」というテレビの声に誤導され、錯覚から目覚めることがない。一番、センセーショナルに煽(あお)る週刊誌ですら、今では新型コロナについて冷静な情報を載せているというのにだ。

 週刊新潮(3月26日号)が特集「『新型コロナ』との消耗戦」で、新型コロナは恐ろしいウイルスではないことを強調していた。「ジャーナリストの石高健次氏」による「『PCR検査』拡大で日本は韓国の二の舞」の記事で、「免疫学の権威、奥村康氏」が「新型コロナウイルスは、通常の季節性インフルエンザと比較すれば、そんなに恐くないかもしれません。だいたい1週間で抗体ができ、快方に向かう一般的なウイルス疾患のようです」と指摘している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。