«
»

米民主党の「オバマ伝説づくり」の努力放棄を指摘するNW日本版

◆命名運動盛んな米国

 「レーガンやブッシュとは大違い 人気のある大統領だったのに出身地ハワイにはオバマの名を冠した学校や通りがない」

 ニューズウィーク日本版3月10日号「オバマ命名運動が振るわない理由」のタイトルで、その実情を記している。日本に居ては見えてこない米社会の動きだ。

 米国には「命名運動」というムーブメントが存在していて、レーガン空港の命名はこのキャンペーンの成果だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。