«
»

蔡氏再選、安倍首相に台湾の国際組織参加や復帰の後押しを迫った産経

◆共産党独裁に「ノー」

 約260万票の圧倒的大差――。11日に投開票が行われた台湾の総統選は、現職の蔡英文氏が総統選での過去最多となる約817万票超の得票で圧勝した。

 「民主化が進んだ台湾は、共産党による独裁体制が続く中国と距離を置く選択をした」(日経12日付社説)のである。

 この結果について、台湾と中国の政治体制の規定が日経ほど明確ではない朝日(同)は香港の「一国二制度」の実態から「台湾の人びとは、中国との距離を置く『現状維持』を唱える蔡氏を圧勝させた」、中国の総統選介入・妨害を強調した産経(13日付主張)は「蔡氏が勝利宣言で『民主的に選ばれた政府が恫喝(どうかつ)に屈することはない』と語ったのは、中国の横暴を断じて許さぬ決意の表れ」と、それぞれ論じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。