«
»

中国による台湾総統選への軍事的威圧や干渉をたしなめた読、毎、産経

◆価値観共有する日台

 令和2年の日本と世界情勢を展望する上で、最初の大きなトピックとなる台湾の総統選は今月11日に投開票が行われる。台湾の行方は日本にも東アジア情勢にも大きな影響を与えるだけに、無関心でいることはできない。師走の16日に、読売、毎日、産経の3紙は台湾総統選をテーマに社論を掲げた。

 3紙が論及したのは①台湾総統選の意義と日本②香港の混乱が影響する総統選の行方③中国の選挙介入への懸念―などについてである。

 まず①について。キーワードは「民主主義」である。産経は「台湾が成熟した民主主義を守れるかどうかの正念場であり、東アジアの平和と安定に直接かかわる重要な選挙」だと強調する。その上で価値観を共有しているから「地政学的要衝である台湾の危機は日本の危機に直結」する同盟関係同様にあると指摘。総統選が「安全保障面を含む日台協力関係の発展に道を開く」ことに期待を込めたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。