«
»

カネばかりの陋習に陥り文明論的な視点が皆無の各紙の少子化論議

◆古代ギリシャと類似

 「産めよ殖えよ地に満ちよ」。神は自らのかたちに似せて男と女とを創造され、彼らを祝福してこう言われたと旧約聖書の「創世記」にある。だから人類は元来、多産だった。その多産、いや出産そのものが揺らいでいる。

 今年、国内で誕生した日本人の子供の数が明治期の統計開始以来、初めて90万人を割り込む見通しだという(各紙25日付)。超少産、超少子化である。

 社説を見ると、「政府の危機感足りない」(東京25日付)と国を叱り、あるいは「想定以上の少子化を憂慮する」(読売26日付)と嘆き、はたまた「人口減に見合う豊かさ追求を」(産経27日付)と諦めムードを漂わせ、「重層的な少子化対策を」(朝日27日付)と促す。重層的な中身はと言えば、「子どものための政策にお金を使うことは、未来への投資である」(朝日)と、もっぱらカネの話である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。