«
»

若年層の読解力低下に警鐘鳴らす新潮だが解決策が読書のみで物足りず

◆崩壊する教育の基礎

 大学入試での英語民間試験導入が延期された。生煮えの状態で投入してもいい結果が得られるわけがないから、この決断は妥当なものだ。それにしても教育界ではなぜか「英語、英語」と喧(やかま)しい。小中高校での英語教育は、大学入試の英語科目から逆算されるから、そこが変わらなければ児童生徒への英語教育は定まらない。どうもちぐはぐだ。

 一方、先ごろ発表された国際学習到達度調査(PISA)の「読解力」で日本は“続落”して15位にまで下がった。英語どころの話ではない。「国語の危機」が叫ばれているのだ。

 週刊新潮(12月19日号)が特集を載せた。「元凶は『文科省』と『SNS』!」との結論。異論はないが、SNSを必要以上にやり玉に挙げると、次世代とのコミュニケーションに何らかの“翻訳機”が必要になってくる。これは後述する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。