«
»

GSOMIA失効停止で文政権の戦略ミス指摘した日本の専門家たち

◆もともと公約が破棄

 「文在寅政権としては、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を失効させた方が支持率が上がる。今回ここまで降りた(妥協した)のは日韓関係と日米関係を大事にしたいという戦略の上に立っているから。(同政権は)基本的に親中国でも親北朝鮮でもない」

 韓国政府がGSOMIA失効を一時停止すると発表した直後(22日夜)に放送されたBSフジの時事番組「プライムニュース」に出演した恵泉女学園大学大学院教授、李泳采(イヨンチェ)の発言だ。日韓・日朝関係などを専門にする李はしばしばテレビで文政権寄りの発言をしてきたので、同政府の決断をどう分析するのか、注目して見たが、失効停止は日韓・日米関係を大事にした結果だとは、ある意味感心した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。