«
»

アフリカでの「グレートゲーム」はロシアの負けと指摘する米FP誌

◆先行の米を中国急追

 ロシア政府は10月24日、南部ソチで、初のロシア・アフリカ首脳会議を開催、全54カ国が参加した。プーチン大統領は「偉大なロシアの復活」を求めて、アフリカ進出をもくろむが、米誌「フォーリン・ポリシー(FP)」は、「プーチン氏のアフリカ・グレートゲームは始める前から失敗」と酷評している。

 FPによると、ロシアがアフリカに目を向け始めたのは、2014年のクリミア併合で西側から経済制裁を受け、「新たな市場と友好国」を開拓する必要に迫られたため。

 ロシアのアフリカ向けの輸出は、全体のわずか2・7%、アフリカからの輸入に至っては、ロシアの全輸入の1・1%にすぎない。ソチでの会議は、この現状を変えることを狙ったものだ。しかし、「成功のめどは立っていない」。会議中、125億㌦の契約が交わされたとされているが、「そのほとんどは覚書にすぎず、実行されずに終わってしまう可能性がある」からだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。