«
»

台風の激甚化と被害に治水や避難を再考させられる「日曜討論」など

◆堤防整備不十分の声

 今月、台風が連続して東日本に上陸し、各地に大きな被害をもたらした。暴風の激しかった台風15号に続いて台風19号は豪雨で中部、関東、東北地方にわたる広域に水害をもたらし、国土交通省の調べでは7県71河川の堤防で135カ所も決壊した。

 自然災害の脅威を肌身で感じるところ、専門家の話は重要だ。20日放送のNHK「日曜討論」は「台風19号甚大な被害/いま何が必要か」をテーマに議論し、包括的に検証や提言を加えていた。

 出演したのは、元総務相・前岩手県知事の増田寛也氏、関西大学特任教授の河田惠昭氏、NPO災害看護支援機構理事長の小原真理子氏、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク代表理事の栗田暢之氏、元気象研究所台風研究部長の中澤哲夫氏、国土学総合研究所長の大石久和氏、新潟大学准教授の安田浩保氏。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。