«
»

盛り上がり欠く改憲世論「拝啓 読売新聞社様 もっと国民に呼びかけよ」

◆責任の一端、読売に

 安倍新内閣がスタートした。「第4次安倍再改造内閣」と新聞にある。改造を重ねた数から通年8年の長期政権の実感が改めて湧く。

 共同通信(11、12両日の電話調査)によると、安倍内閣の支持率は55・4%で、8月の前回調査から5・1ポイント増えたという。新内閣への“祝儀”や環境相に就任した小泉進次郎人気を差し引いても、まずまずの高さだ。

 安倍晋三首相は記者会見で憲法改正を「自民党立党以来の悲願」とし、「必ず成し遂げていく」との決意を語ったが、安倍政権の下での改憲には反対47・1%、賛成38・8%で、いまひとつ盛り上がらない。

 こうした世論を踏まえてか、読売の特別編集委員・橋本五郎氏は安倍首相に対して改憲発議に必要な国会での3分の2の確保にばかり奔走している感じがするとし、「拝啓 安倍晋三様 もっと国民に呼びかけよ」と注文を付けている(12日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。