«
»

神奈川県知事の「表現の不自由展」認めぬ発言を地方面で扱った「朝日」

◆「表現の自由」を逸脱

 たまたまNHKラジオを聞いていたら、次のような主旨のニュースが流れた。

 8月1日から愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の中の企画展「表現の不自由展・その後」について、神奈川県の黒岩祐治知事が27日の定例記者会見で、「展示は政治的なメッセージで表現の自由を逸脱しており、仮に県内で同じことがあれば絶対に開催は認めない」と発言したというのだ。

 この企画展は、昭和天皇の写真をバーナーで燃やし、その灰を踏み付けるところを映した動画や元慰安婦を象徴した「平和の少女像」など「反日」思想を思わせる作品ばかりが展示されたことで、テロ予告を含め抗議が殺到し、結局開催3日で中止となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。