«
»

デモ報道多い8月、Eテレ「ひろしま」に感じる日韓のコントラスト

◆香港デモに潜る当局

 この8月、令和初の終戦記念日を迎えたが、テレビの報道番組の話題は文在寅大統領の下の韓国・光復節(日本からの解放記念)、式典そのものより日本への抗議集会などの方が目立った印象だ。

 が、海外のニュースでより深刻なのは、激しい衝突が続く香港のデモや、紛争再発の緊張高まるインドとパキスタンのカシミール問題である。

 18日放送のTBS「サンデーモーニング」は、番組冒頭で香港民主派のデモを扱った。その中で、おそろいの黒Tシャツの民主派デモの中に、警察や中国共産党の国際機関紙「環球時報」記者が黒Tシャツを着て成り済まして潜伏しているのを、他の参加者たちに気付かれ取り押さえられたシーンは、重要な指摘だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。