«
»

戦没者追悼式で「被害」に言及した首相式辞に注目した産経と批判の朝毎

◆「加害」ないのは当然

 令和初の全国戦没者追悼式が先週、開かれた。新聞が焦点を当てたのは2点だった。一つは言うまでもなく、初めての御参列となった天皇陛下の御言葉、もう一つは安倍晋三首相の式辞である。

 天皇陛下は、御言葉で「過去を顧み、深い反省の上に立って」と、上皇陛下が戦後70年の2015年に盛り込んだ「深い反省」に言及。戦陣に散り、戦禍に倒れた人たちに追悼の意を表し、世界の平和と国の発展を祈られた(読売16日付)。他紙も同様の視点で報じている。

 一方、安倍首相の式辞については毎日が「今年も『加害』触れず」(16日付)、朝日が「今年も『反省』の文字はなかった」(16日付社説)と批判する。だが、朝日社説も言うように安倍首相は戦後70年談話で「子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を負わせてはなりません」と述べている。式辞に「加害」がないのは何ら不思議ではあるまい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。