«
»

中国企業による港湾開発に安全保障上の懸念を表明するイスラエル紙

◆スパイ活動の可能性

 イスラエル第2位の規模のハイファ港で、中国企業、上海国際港務グループ(SIPG)が開発・拡張工事を進めている。2021年の完成後は25年間にわたってSIPGが港の運営権を持つことになる。ハイファには、米海軍第6艦隊の艦艇が寄港することがあり、米国は中国によるスパイ活動の可能性があるとして、イスラエル政府に計画の見直しを求めている。

 中国政府が過半数の株式を保有するSIPGとイスラエルの間で開発計画が調印されたのは15年。イスラエル紙エルサレム・ポストは、イスラエルの経済的利益を考えれば、計画の撤回は困難と指摘する。

 イスラエルは中国との経済関係を深めており、現在は自由貿易協定の交渉も進められている。南部アシュドッドでも中国企業による港湾建設が計画されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。