«
»

韓国の「ホワイト国」除外に至る理由がよく分かる古川氏の産経「正論」

◆説明不足の各紙報道

 日本政府が韓国向け輸出管理の厳格化を発動し、手続き簡略化の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を2日にも閣議決定する。そうなれば、政令公布を経て約3週間後には実施となり、軍事転用の恐れありと判断された品目は個別契約ごとに許可申請が必要となる。この件では政府は先月4日から、フッ化ポリイミドなど半導体材料3品目の韓国向け輸出規制を厳しくしている。日本は平成16(2004)年に韓国をホワイト国に指定していたが、指定取り消しとなれば韓国が初めてとなる。

 どうして、こういうことになったのか。

 優遇措置を取れない「不適切な事案」があり、両国間の信頼関係も失われたからだ。理由の詳細について政府は、経済産業省の担当者が急遽(きゅうきょ)来日した韓国の産業通商資源部の担当者に、長時間にわたり具体的に丁寧に説明している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。