«
»

アポロ月着陸50年で「日本ならでは」の貢献で分かれた各紙の論調

◆高い着陸技術に期待

 「1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」――

 アポロ11号のアームストロング船長が人類として初めて月面に一歩を記した時の言葉である。今月20日、その月着陸から50年を迎えた。

 半世紀という大きな節目に際し、日本では参院選挙戦の終盤だったが、読売、日経、産経、毎日の4紙が社説で論評を掲載した。

 見出しを列挙すると次の通り。読売(18日付)「宇宙開発の夢を追い続けよう」、日経(20日付)「アポロ月着陸50年の向こうへ」、産経(21日付)「有人探査に積極的貢献を」、毎日(同)「様変わりした宇宙の利用」――。

 文字通り、強い主張を打ち出しているのは産経である。

 米中など宇宙大国はここへきて、再び月を目指し、特に米国はその先に有人火星探査をも見据える。そうした中、産経は「月・火星探査や有人活動に日本が深くかかわることになるのは間違いない」と強調する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。