«
»

「死」自覚し性行為やめたフレディの声伝えた「世界のドキュメンタリー」

◆首長権限で制度導入

 NHKが積極的に後押しする「LGBT」(性的少数者)運動が全国に拡大している。同性カップルの関係を「結婚に相当する関係」と見なす「パートナーシップ制度」を導入する自治体は今年4月、東京都豊島区、江戸川区など、一気に9自治体が増え、20自治体となった。

 7月には、都道府県レベルとしては初めて、茨城県が導入した。初日の1日は、レズビアンを公言する水戸市議カップルともう1組が宣誓書を提出。法的拘束力はないが、県営住宅への入所申請や県立病院で、「家族」として手術への同意が可能になる。

 制度導入は、首長の価値観によるところが大きい。茨城県では、県議会最大会派「いばらき自民党」が慎重な対応を求めたにもかかわらず、大井川和彦知事が独自に判断できる「要項」として導入した。他の自治体のケースを見ても、首長周辺に対する活動家による強い働きがあって、首長が性的少数者に理解を示すようになる場合が多い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。