«
»

タンカー攻撃でイランのプロパガンダに近い「サンモニ」岡本氏臆測

◆革命防衛隊説のフジ

 イランの低濃縮ウラン貯蔵量が、核合意の上限を超過すると同国が見通した27日を過ぎた。トランプ米政権の核合意離脱と経済制裁に対抗し、5月にイランが表明していたものだ。緊張高まる両国の橋渡しに白羽の矢を立てられた安倍晋三首相だが、イラン訪問中の13日にホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃される事件が発生。米国とイランの非難合戦は激化し、米無人機撃墜、イラン攻撃「10分前」寸止めの事態になった。

 “触らぬ神に祟(たた)りなし”だったのかも知れない。イランの米国大使館占拠に始まったイスラム革命から40年、日本の仲介外交が注目されたところへ、タンカーを攻撃したのは何者か。16日の報道番組のテーマとなっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。