«
»

日経の説く「多様な結婚」の行き先は無責任な性行動が横行する無秩序社会

◆まるで子供はペット

 この10日間の新聞で、筆者のイチオシ記事は「『多様な性』の実体 ゲイ相手『3桁』の無秩序」と題する本紙15日付「記者の視点」だ。森田清策氏が、「LGBT」(性的少数者)礼賛の他紙では決して知ることのできないゲイ(男性同性愛者)の性行動の実態を紹介していたからだ。

 記事は、動物行動学研究家の竹内久美子氏が今年3月末に上梓(じょうし)した『フレディ・マーキュリーの恋』(文春新書)を取り上げる。フレディは英ロックバンド「クイーン」のボーカルで、エイズウイルスに感染し1991年に亡くなった。同書は7年前に出版された増補改訂版だそうだが、そこにゲイとレズビアンを対象とした米国の調査結果が掲載されていたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。