«
»

サウジ人記者カショギ氏殺害事件の真相究明を求める米ニュースサイト

◆消極的な米政権非難

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月、トルコで殺害された事件をめぐって、国連のカラマール特別報告者(司法手続きを経ない処刑担当)が19日、調査報告書を公表した。サウジのムハンマド皇太子の関与を示す「信頼に足る証拠」があるとして、捜査継続の必要性を訴えており、サウジとの関係を優先し、捜査に及び腰の米トランプ政権を牽制する内容になっている。

 調査報道で定評のある米ニュースサイト「インターセプト」は、この報告は、サウジ政府、ムハンマド皇太子にカショギ氏殺害の説明責任があるとする世論を後押しするものと指摘した。米情報機関は事件の1カ月後に、皇太子の関与の可能性があるとの結論を出しており、報告はその内容とほぼ同じだ。

 だが、「殺害の詳細に及ぶ、ぞっとするような報告の指摘にもかかわらず、この明確な主張は無視されることになりそうだ」と、真相究明に対し悲観的な見方を示している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。