«
»

交番襲撃犯逮捕に大きな役割果たした防犯カメラに一切言及せぬ朝日

◆物足りぬ各紙の主張

 地域の安全を守る要である日本の交番制度は、住民に安心を与える警察業務の成功例として海外でも知られ、取り入れる国も出てくるなど注目されてきた。

 そんな交番の警察官が襲われ重体に陥り、拳銃を強奪されたのだから、事は重大である。同様の事件は昨年も富山市、仙台市で相次ぎ、警察官は亡くなっている。

 地域と住民を恐怖と不安に陥れた今回の事件は日曜日の16日早朝に、大阪・吹田市の交番前で起きた。発生から約25時間後に、大阪府警が現場から約8㌔離れた隣接する箕面市の山中で33歳の容疑者を逮捕、拳銃も回収した。まずは重大事件容疑者のスピーディーな逮捕にこぎつけた関係者の尽力を多としたい。主要20カ国・地域(G20)首脳会議の開催を控えていたこともあり、地域が平静を取り戻したことにホッとする。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。