«
»

児童虐待事件で児相と警察の主張の食い違いを突き詰めて報じぬ文春

◆公的機関に批判集中

 また幼い命が失われた。札幌で2歳の女児が衰弱して亡くなった。虐待を受けた跡があった。こうしたとき、必ず出てくるのは「児相(児童相談所)は何をやっていた」「警察は対応したのか」という公的機関への批判と怒りである。

 週刊文春(6月20日号)が伝えている。何度も尋常でない子供の泣き叫ぶ声を聞き、周辺住民が児相や警察に通報した。児相や警察は動いたのだが、ここから両者の主張が真っ向から食い違っている。同誌は「社会部デスク」の話を引用して、双方の主張の違いを説明した。

 児相側は、訪問に同行しなかったのは、警察から「母親の機嫌を損ねる恐れがある。同行は遠慮してほしい」と言われたからで、また警察が虐待と疑う状況はないと伝えたので、児相は虐待なしと判断した、ということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。