«
»

「反保護主義」打ち出せなかったG20閣僚会合に厳しい批判の毎日、日経

◆米中トップ会談次第

 「反保護主義言えぬ無力さ」――。今月8、9両日に福岡市と茨城県つくば市で開かれた20カ国・地域(G20)の二つの閣僚会合に対して、11日付の各紙社説の中で最も論調が厳しかった毎日の見出しである。

 トランプ米大統領は月末のG20首脳会議の後に、中国からの全輸入品に制裁関税を拡大するかを決断すると表明し、中国も報復の構えを見せている。毎日は、「全面戦争の瀬戸際である」中、会合では多くの国から対立を懸念する声が上がったのに、「両会合とも共同声明に保護主義反対を盛り込まなかった」、また「反保護主義はG20の原点」にもかからず、「声明の取りまとめを優先して超大国に配慮し、保護主義に明確な懸念を示せなかったのなら本末転倒だ」と批判した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。