«
»

NW誌「百田現象」特集で「普通の人」の声にやっと気付いた元毎日記者

◆なぜ売れるかを探る

 「永遠の0」「日本国紀」などで知られる作家の百田尚樹。今やしばしばツイッターで“炎上”するような歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気を博し、本は売れ、映画化されればヒットし、保守系ネット番組で彼の声を聞かない日はないくらいだ。

 小説は別にして、彼の言論活動のほとんどが「朝日新聞と中国と韓国を批判する」ことに費やされている。なぜその百田が売れるのだろうか。ニューズウィーク日本版(6月4日号)が「日本を席巻する『百田尚樹現象』」という特集を組んだ。「なぜ」に迫ろうというわけだ。

 書いたのは毎日新聞出身のノンフィクションライターである石戸諭。「リベラルメディアに長年属し」「政治的な価値観や歴史観がかなり異なる」立場で百田に迫っている。記事は16㌻にわたり、一つの特集、それも一人の人物に焦点を当ててこれだけの分量を割くのはあまり見たことがない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。