«
»

米中貿易摩擦の対立激化に長い覇権争いを見通した「日曜討論」など

◆制裁関税双方譲らず

 米国と中国の貿易摩擦解消を目指した閣僚級交渉が決裂し、19日のテレビの報道番組はもっぱら「米中貿易戦争」だった。今月、米政府は追加で2000億㌦分の中国製品の関税を10%から25%に引き上げ(10日)、対抗して中国は600億㌦相当の米国製品の関税を来月1日から最大で25%に引き上げると発表(13日)した。

 これを受けて米国は約3000億㌦分の中国製品に最大25%の関税を来月下旬に発動すると公表(同日)した。ついに習近平中国国家主席が「しつこく他の文明を変えようとするのは愚かだ」と演説(15日)すると、トランプ米大統領は大統領令で国家安全保障への脅威を理由に華為技術(ファーウェイ)など中国製品を米市場から締め出す措置を取った(同日)。立て続けの展開で、しかも影響が大きい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。