«
»

裁判員制度10年、量刑など踏み込んだ主張の産経と及び腰だった朝日

◆各紙とも肯定的評価

 「裁判に『国民の健全な社会常識』を反映させるという制度導入時の狙いは確実に浸透していると言えるのではないか」「裁判がはるかに分かりやすくなったのも確かだ」(毎日・20日付社説。以下、日経と朝日・同、産経は同主張、読売・19日付社説、小紙21日付同)。

 刑事裁判に国民感覚を反映させる裁判員制度が始まって、21日で10年となった。今世紀初頭から始まった司法制度改革の目玉の一つである裁判員制度は、これまでに9万人を超える国民が裁判員や補充裁判員を務め、判決を言い渡された約1万2000人の被告の裁判に関わってきたのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。