«
»

科学の暴走を暗に戒めるスリリングな内容の週刊朝日・池谷氏コラム

◆AIの優位性論じる

 脳研究者・池谷裕二氏の人間の能力をしのぐAI(人工知能)の威力について書いたコラムが面白い。

 AIは確かに人間の強敵だが、囲碁の興趣は、勝ち負けだけにあるのではない。盤上における人間の対局者同士の駆け引きにある―というのが、多くの見巧者の見解であるように思われるが、池谷氏はそんなことはたわ言だと言わんばかりなのだ。

 週刊朝日5月17日号の連載「パテカトルの万脳薬 AIの助けを借りて生命現象を探究!?」がそれ。

 囲碁AIが世界トップ棋士を退けたのは2016年。その囲碁AIの今について池谷氏は「囲碁は難易度の高いボードゲームで、かつては『21世紀中に名人に勝てるコンピューターソフトは現れない』とも予想されていました。とんでもない誤解です。AIの躍進で、むしろヒトのほうが囲碁の本質を理解できていなかったという恥ずかしい事実が露呈してしまいました」とAIの全般的な優位性を断じている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。