«
»

祝意抜きで持論を展開し天皇陛下御即位を首相批判に政治利用する朝日

◆期待と展望を掲げる

 「令和の時代が動き出した。新天皇陛下が即位されたことを、心からお祝い申し上げる」(読売・2日付社説。以下、各紙同、朝日と日経は1日付)、「日本の国柄の最大の特徴は、天皇と国民が共に歩み、長い歴史を紡いできた点にある。天皇が代を重ねられることは、国民にとって大きな喜びである。ご即位をお祝い申し上げたい」(産経・主張)。

 この1日に、天皇陛下が即位され、即位に伴う改元で令和の御代(みよ)が始まった。新聞は元旦に、新年を祝う社論の中で、新しい1年の期待と展望を掲げる。今回の令和の幕開けでは、新しい御代への祝意、希望と期待、展望を掲げた。

 各紙の見出しは、冒頭の読売が「象徴の在り方の継承と模索と」、産経が「伝統踏まえ安定継承の確立を」。以下、小紙「両陛下と共に輝く日本創ろう」、日経「社会の多様性によりそう皇室に」、毎日「令和の象徴像に期待する」、朝日「等身大で探る明日の皇室」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。