«
»

板門店北兵士亡命事件の若者の感傷と望郷を伝えたフジ「日曜報道」

◆親子友人関係の悩み

 米朝ハノイ首脳会談の決裂後、4月は11日の米韓首脳会談、12日の北朝鮮最高人民会議で米韓に批判が出た金正恩朝鮮労働党委員長演説、25日の露朝首脳会談など半島情勢が動いている。21日放送のフジテレビ「日曜報道THE PRIME(ザ・プライム)」は、北朝鮮問題に焦点を当てて特集を組んでいた。

 興味深かったのは、FNN(フジニュースネットワーク)「独自直撃」に登場した若者。2017年11月13日に板門店の南北軍事境界線上に設置された共同警備区域(JSA)を越えて韓国側に亡命した元北朝鮮兵士だ。

 番組が「世界の注目を集めた」と紹介した通り、公開された国連軍の監視カメラ映像が衝撃的なニュースだった。JSAまで一路疾走してきたジープが道端に乗り上げると、一人の兵士が車から飛び降りるや一目散に走り、駆け付けた兵士が後ろから銃撃する劇的な逃亡だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。