«
»

旧優生保護法と進化論との関係に切り込まなかったNHK「視点・論点」

◆優生思想の解明必要

 旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らを救済する法案が11日、衆院本会議で全会一致で可決され、参院に送付された。与野党は月内の成立を目指している。被害者1人当たり320万円の一時金支給では額が低く、国の謝罪が明記されていないなどとして、原告らは法案に納得していない。

 法が成立したとしても、被害者らの怒りは当然である。強制不妊手術に関わった当事者や団体がその思いを受け止め、重大な人権侵害という「負の過去」を将来への教訓とするには、国の責任において、旧優生保護法によって浮き彫りになった優生思想の実態をできる限り明らかにすることが不可欠である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。