«
»

新元号「令和」決定報道で2誌に欲しかった中韓の“由来”強調への反論

◆文春が「裏事情」詳述

 新元号が決まり、日本中が「令和」で沸き立っている。週刊誌もこの話題でどう誌面を作るかが腕の見せどころとなる。

 週刊新潮(4月11日号)は「『新元号』報じられない20の謎」をトップに持ってきた。「◯◯の謎」とは週刊誌がやりそうな安易な企画であるが、20件もあれば、中には注目すべき記事もあるはずと誌面を手繰ると…。

 冒頭が「誰もスクープ出来なかった『保秘作業』の裏事情」とある。新元号はマスコミがもっとも狙っていた特ダネだ。これをすっぱ抜けば“世紀のスクープ”として歴史に名を刻むはず。週刊誌に限らず新聞、テレビは新元号情報を抜くためしのぎを削った。

 結果は、官邸の保秘作業が徹底していたため、どの社も抜くことはできなかった。同誌は有識者懇談会のメンバーも官邸で携帯電話を預けさせられた、などのエピソードを紹介しているが、「これだけ厳しかった」という完敗の言い訳とも取れる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。