«
»

日韓離間を画策する「敵」が誰かを伝えたポストの韓国現地取材記事

◆左派政治集団が主導

 敵の正体を見極めなければ、正しい戦いはできない。日韓の間で不幸にも悪感情が際限もなく拡大し続け、本来なら話し合いで解決できる問題が収拾不能になってしまっている。誰も望んでいないし、誰にとっても利益にならない。

 「対立は政治的なもので、民間では交流が進んでいる」というが、「三・一運動」100年記念の日に日本旅行の動画をアップしたというだけで、激しいバッシングを受け、謝罪を繰り返す羽目になった韓国人の女性ユーチューバーもいる。ユーチューバーとはインターネットの動画サイトYou Tubeに動画を上げて、閲覧数で金を稼ぐ仕事(と言っていいのか?)で、今、若者が一番なりたい職業だ。

 ともかく「民間では関係は悪くない」というのは現実無視、逃避、慰めの類いで、日韓のお互いへの感情は最悪だ。この状況を誰が何の意図でつくったのか。その「敵」を知らなければならない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。