«
»

「同性婚」で「好きな人と結婚したいだけ」と幼稚な結婚観披歴した報ステ

◆婚姻障害定めた民法

 「同性婚」が認められないのは、婚姻の自由や法の下の平等を保障する憲法に反するとして、国家賠償を求めて同性カップル13組が2月14日、一斉提訴した。この日夜、NHK、テレビ朝日をはじめLGBT(性的少数者)ブームをあおってきたテレビ局は同性婚の合法化で生じる社会混乱を無視し、同性婚を後押しする番組を放送した。

 それは想定内のことだから、驚かなかったが、テレビ朝日の「報道ステーション」の出演者たちのコメントにはあきれてしまった。

 一斉提訴した13組について、メインキャスター富川悠太は冒頭から、「この皆さんが求めているのは特別なことではないのです。ただ好きな人と結婚したいという、それだけなのです」と、図らずも結婚制度に対するあまりに幼稚な認識を披歴した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。