«
»

「複雑」な沖縄を描くことでメディアの怠慢も追及したNW日本版

◆賛否の二択で表せず

 「沖縄は事あるごとにメディアに登場するが、その報道の多くは一面的な事実を全てであるかのように語り、時に幻想的な『沖縄』像をつくり上げてきた。あるいは都合のいい声だけを拾い上げてきたとも言える」

 ニューズウィーク日本版(2月26日号)の特集「沖縄ラプソディ」の書き出しである。ノンフィクションライター石戸諭の15㌻にわたるルポだ。

 なぜ沖縄はこのように伝えられないのか、このように描けないのか、というのが記事を読んだ第一印象である。沖縄が抱える「複雑」さは、基地をめぐって賛成・反対の二択では表せない、個人史から琉球史まで、その広い時間軸と、観光客で賑(にぎ)わい経済の中心である県南部と開発から取り残された県北部といった地域の差など、さまざまなものが絡み合い、それぞれのカクテルを作り出しているところからくる。石戸は丹念にそれらに目を向けているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。