«
»

自民に憲法改正の取り組みを強め選挙で訴えるよう求めた産経と小紙

◆憲政の王道説く読売

 なるほど、うまく付けたものだ、と思わず感心してしまった。10日の自民党大会を解説する特集記事の見出しである。読売の「鬼門選挙 首相必勝期す」(11日付「スキャナー」)に対して、朝日が「自民、亥年の気がかり」(同「時時刻刻」)。それぞれサブ見出しの「谷垣氏演説 党の多様性演出」、「地方に漂う『安倍離れ』」に、両紙の安倍晋三政権とのスタンスが絶妙に表れているからだ。

 自民党の第86回定期党大会で、安倍首相(党総裁)は今年同様に統一地方選挙に続いて行われた12年前の亥(い)年参院選での惨敗を念頭に、今年も厳しい戦いが予想される参院選について「まなじりを決して戦い抜く先頭に立つ」決意と、改めて憲法9条に自衛隊を明記する改憲への強い意欲を表明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。