«
»

アフガンの米軍縮小は内戦を招来すると警告する英紙ガーディアン

◆テロとの戦いは失敗

 アフガニスタン情勢をめぐる動きがこのところ慌ただしい。1990年代に一時「政権」を樹立した反政府勢力タリバンが勢力を拡大する一方で、米国がタリバンとの交渉に乗り出した。トランプ米大統領が、アフガン駐留米軍の縮小を主張しており、米軍撤収後のアフガンをにらみ、ロシアも和平交渉に意欲的だ。

 イスラム根本主義組織タリバンやテロ組織の復活を懸念し、米軍縮小には米国内外で反対の声が強い。英紙ガーディアンは「米国はアフガンを破壊した。何もせずに立ち去ることはできない」と主張、拙速な撤収は内戦を招来すると警告している。

 アフガンでは、2001年の同時多発テロ後、米軍主導の連合軍による「テロとの戦い」が進められてきた。だが、18年がたつ今も情勢は安定していない。民間人3万8000人以上が死亡し、数百万人が負傷したり、難民化したりしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。