«
»

地震予知で読者をいたずらに煽る見出しは禁物!ポストの予測記事

◆「隆起・沈降」で判断

 週刊ポスト1月18・25日号で<本誌でしか読めない最新版>と銘打ち、1月3日熊本「震度6」も的中!/村井俊治・東大名誉教授はこう分析した「この揺れは“引き金”に過ぎない―」/MEGA地震予測が緊急警戒宣言!、という見出しを枕に、「南関東大激震に繋がるこれだけの理由」というタイトルで、大地震の予知に言及している。

 正月気分真っただ中の1月3日、熊本地方を襲った最大震度6弱の地震。「MEGA地震予測」は地表の長期的な「隆起・沈降」を調べ、東西南北のどの方向に向いているかの「水平方向の動き」を加味し、独自の分析を行う。

 同ホームページによると、主宰するのは、測量工学の権威である村井俊治東京大学名誉教授。人工衛星を使用し測量データを集めるのも特徴の一つ。得られた情報は株式会社地震科学探査機構(JESEA)が、事業の一つとしてアプリによる配信を行っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。