«
»

平成最後の天皇誕生日に「天皇とは」を説く産経の洞察に富む「主張」

◆一般参賀の人出最多

 「この20年、長い天皇の歴史に思いを致し、国民の上を思い、象徴として望ましい天皇の在り方を求めつつ、今日まで過ごしてきました」(平成21〈2009〉年11月。即位20年に当たり)

 「譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、日々の努めを行っていきたい」(平成30年。85歳の誕生日前に。最後の記者会見)

 「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」(同)

 天皇陛下の85歳の誕生日を祝う一般参賀が23日に、皇居で行われた。来年4月末の御退位を控え、在任中最後となる陛下の誕生日の一般参賀者は、平成最多だった昨年を約3万人上回る8万2850人に上った。今の皇居・宮殿での一般参賀となった昭和44(1969)年以降でも最多の人出となったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。