«
»

自己人工授精で出産した女性カップル登場させLGBTの暴走あおるNHK

◆子供の人権を考えず

 性の問題を倫理・道徳から切り離し、恋愛や結婚に対して個人の権利からアプローチするのが、いわゆる「LGBT」(性的少数者)支援の基本だ。この考え方からすれば、男女の結婚も“同性婚”も同等の価値になるばかりか、どんな人間関係になったとしても、それは「多様な家族の形」「新しい家族の形」であり、どのような形を選ぶかは「自己決定」に任せられるべきだとなる。

 この考え方の危険性については、恋愛・結婚の当事者だけの権利に目を奪われていては気付かないかもしれない。しかし、生命の尊厳や生まれてくる子供の人権という観点を加えた時、背筋が凍るような問題点がはっきり見えてくる。

 NHK総合に「NET BUZZ(ネットバズ)」(毎週木曜深夜放送)がある。ネットバズとはネットで話題となったという意味で、この番組はネット上で反響のあった番組を再放送し、その反響を紹介する内容。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。