«
»

大嘗祭国費支出に反対し宗教狩りのように完全政教分離を主張する朝・東

◆一度もない違憲判決

 来年の大嘗祭(だいじょうさい)への公費支出をめぐって秋篠宮殿下が「宗教色が強い大嘗祭を国費で賄うことが適当かどうか」と述べられ、国家と宗教の関わりについて論議を呼んでいる。

 各紙社説を見ると、朝日と東京は憲法の政教分離上の問題点を指摘し、国費支出に否定的(いずれも1日付)。これに対して産経(1日付)と本紙(4日付)、読売(5日付)は肯定的だ。論調はリベラルと保守で分かれた。ちなみに毎日は皇室像を問うている。

 東京はこう言う。「国費投入は政教分離を定めた憲法に反しはしないか…。確かに一九九五年の大阪高裁は原告の訴えを棄却したものの、『政教分離規定違反の疑いを一概に否定できない』と指摘した」

 まるで違憲だと言わんばかりだが、そう書くなら高裁判決をつまみ食いせず、合憲とした最高裁の判断も明記しておくべきだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。