«
»

米中首脳会談で「不公正許さぬ姿勢を貫け」と歯切れよかった産経社説

◆対立の構図変わらず

 報復関税の応酬を続けて「貿易戦争」を展開し、世界の注目を集めた米中首脳会談は、米国が対中追加関税を当面凍結する「一時休戦」でまとまった。世界1、2位の経済大国同士の争いは、両国間にとどまらず、世界経済に深刻な影響を与えるだけに、「一時休戦」は朗報ではある。

 とはいえ、このテーマで社説を掲載した3日付各紙の論調は総じて、安堵はしつつも、「懸案先送りの米中貿易協議は楽観できぬ」(日経見出し)、「対立の根は残ったままだ」(毎日見出し)などと慎重姿勢を崩していない。

 そんな中、「不公正許さぬ姿勢を貫け」との見出しで、最も端的で歯切れが良かったのが産経である。

 産経は「一時休戦」により、国際社会を一段の混乱に陥れかねない最悪の事態が回避されたことは「前向きに受け止めてよい」としながらも、同時に、「新冷戦」と評される対立の根本には何ら変化がないことも冷静に見るべきだと、毎日と同様の見方を示す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。