«
»

代案も示さず専守防衛のお題目を唱える左派紙の無責任な空想的平和主義

◆空母保有論に物言い

 政府は新たな「防衛計画の大綱」を年末に閣議決定し、中国や北朝鮮の軍事脅威に備えようとしているが、これに左派紙が噛(か)みついている。

 東京は10月29日付社説で「国際情勢の変化に応じて防衛力を見直すことは必要だ。しかし、他国に脅威を与える装備を買いそろえたり、防衛費を際限なく増やすことで、憲法の趣旨である『専守防衛』を逸脱してはならない」と言う。

 朝日は30日付社説で「歴代内閣が否定してきた空母の保有に向け、安倍政権が一線を越えようとしている。専守防衛からの逸脱は明らかで、認めるわけにはいかない」と空母保有論に異を唱えた。

 政府は新大綱で海上自衛隊の護衛艦「いずも」に米国製ステルス戦闘機F35Bが離着陸できるよう「空母化」する方針を盛り込む考えだが、朝日はこれを専守防衛からの逸脱と決めつけている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。