«
»

北方領土「2島返還」にケチをつけ既成事実化を手助けするポストと毎日

◆時間足りぬ返還交渉

 ゴーン前日産会長が誌面をにぎわしている。「日産『極秘チーム』ゴーン追放『一年戦記』」(週刊文春12月6日号)、「新聞テレビでは分からない『カルロス・ゴーン』20の疑問」(週刊新潮12月6日号)、「日産経営陣は『独裁者ゴーン』とこう戦った」(週刊ポスト12月7日号)、「日産『権力闘争』の裏側を暴く!」(サンデー毎日12月9日号)等々。見出しを見ただけで満腹になりそうだ。

 この世界的カリスマ経営者の逮捕という超ド級のニュースがなければ、こちらの方が大きく扱われただろうという話題がある。「北方領土2島返還」である。11月14日、安倍晋三首相はシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、「1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させる」ことで合意した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。