«
»

大阪万博決定でまず総花的なテーマの中身の明確化を求めた読、朝、産経

◆経済牽引の役割期待

 「これまでの常識を打ち破る、世界の課題解決を実現させる万博にしたい」(松井一郎大阪府知事)。

 パリで23日に開かれた博覧会国際事務局(BIE)の総会で、2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まった。加盟国による投票の結果、大阪誘致を掲げた日本がロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)に競り勝ったのである(決選投票で日本92票、ロシア61票)。

 日本での大規模万博の開催は1970年の大阪、2005年の愛知に続いて3度目となる。55年ぶり2度目となる大阪万博の開催テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。大阪湾に浮かぶ面積155ヘクタールの人工島・夢洲(ゆめしま)を会場に、25年5月3日から11月3日の日程で開く。会期中の来場者は2800万人、経済効果の規模は2兆円に上ると見込まれている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。