«
»

現代医療に対し「祈り」の効用や高額医療の弊を鋭く指摘する記事2題

◆『祈る心は、治る力』

 週刊誌の読者層が高年齢化し、健康・医療をテーマにした記事が毎号のように載っている。その中で現代医療の在り方について物申した二つの記事に注目したい。一つは「帯津良一の『健脳』養生法-死ぬまでボケない 連載26 祈ることの効果」(週刊朝日11月16日号)。

 帯津氏はまず「『祈り』を医療の中でどう位置づけるかというのは、実は大事なテーマ」として、<祈りの力が、よみがえりつつある。……20世紀の大半にわたって隅に追いやられた後、今や現代医学において、祈りは、ステージの中央にその場所を移しつつある>という言葉を、米国の医師・ラリー・ドッシー著『祈る心は、治る力』(日本教文社)から引用している。

 帯津氏の知るある患者は、行く先々で神社仏閣があると必ずお参りし祈っていた。それと並行し抗がん剤による化学療法をした後に食事療法をはじめとする代替療法も実践し、急性骨髄性白血病を克服したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。